伊予絣(読み)いよがすり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊予絣
いよがすり

伊予国つまり現在の愛媛県で織られる木綿絣の総称松山市周辺が主産地で,道後の別名がある。 1800年頃,鍵谷かなが久留米絣にヒントを得て考案したとされる。明治後期に最盛期を迎え,夜具地,農作業衣などのほか着尺地にも用いられた。かつては,キリ,ツル,カメなどの絵絣特色としたが,今日では十字絣井桁 (いげた) 絣などの単純な総絣がほとんどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いよがすり【伊予絣】

木綿絣で松山絣ともいう。藍染の紺地絣,白地絣を主とする。伊予は久留米,備後とともに綿絣の主産地。享和年間(1801‐04)に,松山今出(いまず)生れの鍵谷カナがつくり出し今出鹿摺(いまずかすり)とも呼んだ。幕末ごろから縞柄が絣に移行し,1904年には全国一の座を占め県下の主産物であった。35年には200万反を産出したが,以降需要は減少の一途をたどっている。晒玉,扶桑,紅梅,工夫絣,蚊絣,屋根絣などが織られ明治末ごろから色入絣も作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いよがすり【伊予絣】

伊予国今出で享和年間(1801~1804)に鍵谷カナが創案したという木綿紺絣。野良着用として松山市を中心に産出される。松山絣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊予絣
いよがすり

愛媛県松山市付近を中心に織り出される絣木綿。この地方では、農家の副業として縞(しま)木綿が地機(じばた)で織られていたが、享和(きょうわ)年間(1801~1804)に温泉郡垣生村(はぶむら)(現、松山市)の鍵谷(かぎや)カナが久留米(くるめ)絣をまねたものをつくろうとし、いろいろ考案の結果、綿糸を染めて絣を織り出した。文化年間(1804~1818)には菊屋新助が西陣より高機(たかばた)を導入して木綿絣用に改良、農民救済のため伊予縞と伊予絣が松山藩の保護奨励のもとに生産された。明治以後、久留米、備後(びんご)とならぶ三大綿絣産地の一つとなり、日露戦争直後の最盛期には、年産約247万反に上った。用途はこれまで農村の作業着が主体で、一部にふとん用の絵絣があった。染色はもと正藍(しょうあい)だけであったが、いまは人造藍のハイドロ建てとなり、織機も足踏織機を一部に使っているが、力織機化されている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いよ‐がすり【伊予絣】

〘名〙 愛媛県松山市付近から産出する絣のもめん織物。享和(一八〇一‐〇四)頃に始められたという。松山絣。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「薩摩絣か、久留米がすりか又伊予絣か分らないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊予絣の関連情報