白鳥 義三郎(読み)シラトリ ギサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

白鳥 義三郎
シラトリ ギサブロウ

昭和期の政治家 習志野市初代市長;全国町村会長。



生年
明治31(1898)年9月21日

没年
昭和40(1965)年12月27日

出生地
千葉県

学歴〔年〕
ベルリン工科大学卒

経歴
教師を務めた後、昭和22年千葉県・津田沼町長。30年習志野市の初代市長となり連続2期務める。市立高校の設置、幼児教育施設の充実などに尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

白鳥 義三郎
シラトリ ギサブロウ


肩書
元・習志野市長,全国町村会長

生年月日
明治31年9月21日

出生地
千葉県

学歴
ベルリン工科大学卒

経歴
教師を経て、昭和22年千葉県津田沼町長。30年初代習志野市長に当選、連続2期つとめた。

没年月日
昭和40年12月27日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android