設置(読み)せっち

精選版 日本国語大辞典「設置」の解説

せっ‐ち【設置】

〘名〙 建物や機関などを設けること。設立。また、物を備え付けること。〔布令必用新撰字引(1869)〕
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「諸侯の邸宅を設置する等の全く成就したるは実に家光の時にあり」 〔後漢書‐劉瑜伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「設置」の解説

せっ‐ち【設置】

[名](スル)
施設や機関などを設けること。「災害対策本部を設置する」
機械などを備えつけること。「消火器を設置する」
[類語]設立設営常設併設私設備える備え付けるしつらえる設ける設備装備装置完備施設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「設置」の解説

【設置】せつち

備える。

字通「設」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android