コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百官名 ヒャッカンナ

デジタル大辞泉の解説

ひゃっかん‐な〔ヒヤククワン‐〕【百官名】

家・親・本人などの官名からつけた、その人の通称式部主水(もんど)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃっかんな【百官名】

本人・親・家系のもつ官職名を、そのまま用いた、その人の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の百官名の言及

【人名】より


[中・近世]
 鎌倉時代から南北朝時代にかけて上流社会の男性は,公家,武家とも,氏名+諱を公式の名とし,家名+通称を日常の名とした。通称には,排行名のほか百官名(幸嶋左衛門尉,難波刑部卿,朝山右馬大夫,足利木工助(もくのすけ),新田大炊助のような)が盛んに用いられた。 上流社会の女性名は,公式には子型の諱であったが,日常生活ではもっぱら通称が用いられた。…

※「百官名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百官名の関連キーワード往来物家系

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android