式部(読み)シキブ

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐ぶ【式部】

〘名〙
① 「しきぶしょう(式部省)」の略。また、式部省の官にある者の称。
※続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「帳内資人、雖名入式部、不予選之限
※源氏(1001‐14頃)帚木「式部が所にぞけしきある事はあらむ」
② 女官の呼び名。また、父親が「式部の丞」などで女房となった者の称。「紫式部」「和泉式部」など。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一一月一七日「とのもりの侍従の君、弁のないし、つぎに左衛門のないし、とのの宣旨、しきふとまでは、しだいしりて、つぎつぎは、れいの心々にてのりける」
③ 明治四年(一八七一)七月の太政官制改定により、宮中に置かれた式部局の職員の官名。内外の儀式および図書のことを掌り、大少の別があった。同年八月の改定により、消滅した。
④ 女学生のこと。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「恐らく編物と同様、式部たちの遊戯の一つであったらうと思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報