百小竹の(読み)モモシノノ

デジタル大辞泉の解説

ももしの‐の【百小竹の】

[枕]多くの小竹(しの)のはえている野の意で、「三野(みの)」にかかる。
「―三野の王(おほきみ)」〈・三三二七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももしのの【百小竹の】

枕詞
小竹の多く生えた野の意で、「三野」にかかる。 -三野王おおきみ西の厩うまや立てて飼ふ駒/万葉集 3327

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ももしの‐の【百小竹の】

多くの小竹のはえている野の意で「三野(みの)」にかかる。
※万葉(8C後)一三・三三二七「百小竹之(ももしのの) 三野の王(おほきみ) 西の廐(うまや) 立てて飼ふ駒」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android