コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三野 みの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三野
みの

徳島県西部,三好市北東部で飛び地をなす旧町域。吉野川中流の北岸にある。 1924年町制。 2006年池田町,山城町,井川町,東祖谷山村,西祖谷山村の3町2村と合体して三好市となった。中心地区の芝生 (しばう) は撫養街道 (むやかいどう) 沿いに開ける。『和名抄』の三野郷で,開拓の歴史は古い。讃岐山脈の南斜面で山地が広く,南の河岸段丘を中心に果樹,花卉などの栽培が行なわれる。昔から山間の集落では,北の真鈴峠を経て香川県への通婚が多かった。古刹の滝寺 (たきじ) があり,木造聖観音立像は国指定重要文化財。

三野
みの

香川県西部,三豊市北部の旧町域。三豊平野北部に位置し,瀬戸内海に面する。 1955年下高瀬村,大見村,吉津村の3村が合体して三野村となり,1961年町制。 2006年高瀬町,山本町,豊中町,詫間町,仁尾町,財田町の6町と合体して三豊市となる。中央部を流れる高瀬川の沖積地に三野津新田 (元禄初期完工) の干拓地があり,周囲を開析された溶岩台地が取り巻く。集落は山麓地帯に散在。米,果樹,タマネギなどを栽培。南西部の下高瀬には紙容器,家具,縫製などの工場のほか,日蓮上人命日を中心に開かれる高瀬大坊市で知られる本門寺がある。北東部の弥谷山にある弥谷寺は四国八十八ヵ所の第 71番札所。寺宝の金銅五鈷鈴は国の重要文化財。南東部の火上山一帯は瀬戸内海国立公園に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

三野

徳島県三好市にある道の駅。主要地方道鳴門池田線に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

三野の関連キーワードエレベーターは秘密のとびら徳島県三好市三野町太刀野三野(徳島県)洟をたらした神塩田 忠左衛門三野(香川県)イサオ タオカ新田 藤太郎大久保諶之丞県犬養三千代徳島県三好市八瓜入日子王三好[市]美努岡麻呂草香部漢彦小林 万吾豊中[町]三豊[市]三野友華子三野〈町〉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三野の関連情報