コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百日曽我 ヒャクニチソガ

デジタル大辞泉の解説

ひゃくにちそが【百日曽我】

浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。元禄10年(1697)大坂竹本座初演。曽我兄弟の討ち入りから、兄弟が神として祭られるまでを脚色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百日曽我の関連キーワード小歌比丘尼聞こし召す一遊一予入れ立てちゃくとうそうそほっかりふかふか愛宕白山理せめて三方論議無法破り目腐り金言ふても四の二不退地浄瑠璃強請る移り門地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android