コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脚色 きゃくしょく

5件 の用語解説(脚色の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脚色
きゃくしょく

小説,事件などを演劇,映画,テレビなどに演出できるよう仕組むこと。初めは仕組みを考案すること自体をさしたが,のちにト書きと台詞のある脚本の形にすることをいうようになった。京坂では文化年間 (1804~18) に山東京伝の『昔話稲妻表紙』が,江戸では天保年間 (30~44) に滝沢馬琴『南総里見八犬伝』が脚色,上演されたのが最初といわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゃく‐しょく【脚色】

[名](スル)《芝居の仕組み、筋書の意から》
小説や事件などを舞台・映画・放送で上演できるように脚本にすること。「自伝を脚色したテレビドラマ」
事実をおもしろく伝えるために粉飾を加えること。「話に多少脚色した部分もある」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゃくしょく【脚色】

中国では,もともと宋代には個人の履歴を意味する用例があるが,伝統演劇のなかで登場人物の性別,年齢,身分,性格などによって類型的に分けた役柄をさす。生旦浄丑(せいたんじようちゆう)の四つの役柄がもっとも典型的で,それぞれ特徴ある演技がなされる。 日本では,江戸時代歌舞伎の上演に当たり,作者が狂言(作品)を作成することを〈仕組(しぐ)む〉といった。戯作者の中国趣味から,これに〈脚色〉の文字をあてたため,〈脚色〉は〈狂言を仕組むこと〉,あるいは〈狂言の仕組み〉の意味で使われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゃくしょく【脚色】

( 名 ) スル
が原義〕
物語・事件などを、芝居・映画などの台本や脚本に作ること。きゃくしき。 「伝説を芝居に-する」
事実に色づけして面白くすること。 「 -が多すぎて信用ならぬ」
中国古典劇で、俳優の役柄また劇の筋書き。
古代中国で、仕官のときに差し出す履歴書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脚色
きゃくしょく

物語、小説などを原作にして演劇、映画、放送用にドラマ化すること。アダプテーションアダプト)adaptationと同じで、原作のないオリジナル物に対し、脚色されたものは脚色物とよばれる。本来は中国元(げん)代の雑劇における俳優の役柄(扮装(ふんそう))をさしたが、日本では江戸時代に歌舞伎(かぶき)の仕組(しくみ)と同義に用いられ、作者がくふうした脚本の筋、趣向をいった。これは文化(ぶんか)期(1804~18)に京坂で始まり、江戸でも天保(てんぽう)期(1830~44)から読本(よみほん)、講談、人情噺(ばなし)などを脚色するようになり、1877年(明治10)ころからは新聞連載の評判小説の劇化も盛んになった。[大島 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脚色の言及

【生旦浄丑】より

…中国の伝統的演劇では,人物の性別・身分・性格などによって類型的に分けられた役柄を〈脚色〉というが,その代表的なもの。生は男役,旦は女役,浄は敵役で時に道化味を帯びるもの,または特異な性格をもつ豪傑的人物,丑は道化役,または小悪人的人物を指す。…

【著作権】より

…クラシックの楽曲を軽音楽化するなど,既存の楽曲に依拠しつつも,これを変形する編曲も二次的著作物の作成に該当する。絵画を彫刻にしたり,彫刻を絵画のかたちで表すなど,既存の著作物を他の表現形式をもって表す変形も,既存の著作物を脚色したり,映画化するなどの翻案も二次的著作物の作成となる。文語体で表された著作物を口語体に改めたり,大人向きの著作物を子供向きに書き換えることも,学術書などのダイジェストを作成することも翻案となる。…

【脚色】より

… 日本では,江戸時代,歌舞伎の上演に当たり,作者が狂言(作品)を作成することを〈仕組(しぐ)む〉といった。戯作者の中国趣味から,これに〈脚色〉の文字をあてたため,〈脚色〉は〈狂言を仕組むこと〉,あるいは〈狂言の仕組み〉の意味で使われた。《一夜付脚色正本(いちやづけしぐみのたねほん)》(三亭春馬作,1859刊),《脚色余録(きやくしよくよろく)》(西沢一鳳著),《許多脚色帖(あまたきやくしよくぢよう)》(吉野五雲収集,浜松歌国他編)などの書名における〈脚色〉はこの意味で命名されている。…

※「脚色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脚色の関連キーワードオートコンプリート竹簡共匪五雲の車年譜個人保障天后宮牛肉トレーサビリティ法ログ/過去ログ中国・宋代の禅の公案集

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脚色の関連情報