曽我兄弟(読み)ソガキョウダイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我兄弟
そがきょうだい

鎌倉初期の武人。父の仇(あだ)を討ったことで名高い兄弟。伊豆の豪族河津三郎祐泰(かわづさぶろうすけやす)の子。兄は十郎祐成(すけなり)(1172―93)、幼名一万(いちまん)。弟は五郎時致(ときむね)(1174―93)、幼名筥王(はこおう)。1176年(安元2)父祐泰が伊豆の奥狩場で工藤祐経(くどうすけつね)に殺されたのち、母が曽我祐信(すけのぶ)に再嫁したので曽我氏を称した。鎌倉幕府を開いた源頼朝(よりとも)の寵(ちょう)により勢いを得ていた祐経は、曽我兄弟を殺そうと謀ったが、畠山重忠(はたけやましげただ)・和田義盛(よしもり)らによって救われた。筥王は一時、箱根別当行実(ぎょうじつ)の弟子となったが、1190年(建久1)北条時政(ときまさ)によって元服した。成人した兄弟は祐経をねらったが、仇討の機会がなかった。93年5月、頼朝が催した富士野の巻狩りに、同行していた祐経の宿所をつきとめ、夜半風雨を冒して侵入し、祐経を殺して父の仇を討った。しかし兄祐成は宿衛の新田忠常(にったただつね)に討たれ、翌日弟時致も捕らえられ殺された。[黒川高明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽我兄弟の関連情報