コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我兄弟 ソガキョウダイ

2件 の用語解説(曽我兄弟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そが‐きょうだい〔‐キヤウダイ〕【曽我兄弟】

曽我祐成(すけなり)(十郎)・時致(ときむね)(五郎)の兄弟。建久4年(1193)富士の裾野の狩り場で、父のあだ、工藤祐経(くどうすけつね)を討ち、のちに謡曲・歌舞伎などの題材となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我兄弟
そがきょうだい

鎌倉初期の武人。父の仇(あだ)を討ったことで名高い兄弟。伊豆の豪族河津三郎祐泰(かわづさぶろうすけやす)の子。兄は十郎祐成(すけなり)(1172―93)、幼名一万(いちまん)。弟は五郎時致(ときむね)(1174―93)、幼名筥王(はこおう)。1176年(安元2)父祐泰が伊豆の奥狩場で工藤祐経(くどうすけつね)に殺されたのち、母が曽我祐信(すけのぶ)に再嫁したので曽我氏を称した。鎌倉幕府を開いた源頼朝(よりとも)の寵(ちょう)により勢いを得ていた祐経は、曽我兄弟を殺そうと謀ったが、畠山重忠(はたけやましげただ)・和田義盛(よしもり)らによって救われた。筥王は一時、箱根別当行実(ぎょうじつ)の弟子となったが、1190年(建久1)北条時政(ときまさ)によって元服した。成人した兄弟は祐経をねらったが、仇討の機会がなかった。93年5月、頼朝が催した富士野の巻狩りに、同行していた祐経の宿所をつきとめ、夜半風雨を冒して侵入し、祐経を殺して父の仇を討った。しかし兄祐成は宿衛の新田忠常(にったただつね)に討たれ、翌日弟時致も捕らえられ殺された。[黒川高明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽我兄弟の関連キーワード曾我兄弟虎が雨虎が石小袖曽我曽我祐成曽我時致狩野宗茂曾我祐成曾我時致

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曽我兄弟の関連情報