コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百田辰十 ももた たつじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百田辰十 ももた-たつじゅう

?-? 江戸時代後期の陶工。
肥前有田(佐賀県)の人。窯詰めを工夫し,文化(1804-18)のころ天秤(てんびん)2段積み法を考案。これにより従来のほぼ2倍量の焼成ができるようになった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百田辰十の関連キーワード陶工

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android