コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百社参り ヒャクシャマイリ

デジタル大辞泉の解説

ひゃくしゃ‐まいり〔‐まゐり〕【百社参り】

同一の神を祭ってある100か所の神社を巡拝すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の百社参りの言及

【百度参り】より

…はじめは霊験あらたかな神仏などに毎日百度参ったが,のちに1日に百度参る形に略化された。百社参りと同様の心理に基づく習俗で,たんに一度だけでなく百度参詣することによってみずからの信仰心のあつさと祈願の切実さを訴えて神仏の加護や霊験を得ようとしたのである。寺社側でも百度参りのために,百度石を立てて本堂との間を往復参拝できるようにしたり,数取りのための掛札をかけたりする。…

※「百社参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

百社参りの関連キーワード百度参り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android