地租(読み)チソ

百科事典マイペディアの解説

地租【ちそ】

土地の収益を税源として課される租税。土地の面積・収穫高・地価・賃貸価格等が課税標準となる。地租改正以来最も重要な国税であったが,第1次大戦後は所得税にその地位を譲り,1947年に府県税となり,1950年からは固定資産税に統合された。
→関連項目三大事件建白運動収益税

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちそ【地租】

明治初年の地租改正により土地に賦課されることになった租税をいう。現物形態をとった旧貢租にかわって,地租は貨幣形態をとり,土地収益から算定された地価の100分の3とされた。明治政府は,地租以外にたよるべき財源がないために,〈旧来ノ歳入ヲ減セサルヲ目的トシ〉て地租改正を実施した。地価の算定にあたっては,収穫米から種肥代と地租・村入費を差し引いた土地収益を一定の利子率で資本還元するという近代的形式をとりながらも,内実においては〈目的〉の実現を保証するような算定方式がとられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちそ【地租】

土地に対して課す租税。1873年(明治6)の地租改正条例で課せられ、当初、国税収入の主要部分を占めたが、第一次大戦後所得税に首位を譲った。第二次大戦後府県税となり、1950年(昭和25)固定資産税に編入された。 → 地租改正

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地租
ちそ

土地に対して課される租税の総称として用いられることもあるが、一般には明治初年の地租改正によって土地に課されることとなった租税をいう。わが国の近代租税制度は明治時代に始まるが、地租は封建的性格の強い租税として江戸時代から引き継がれたもので、1873年(明治6)の地租改正条例によって開始され、81年に完了した地租改正事業により根本的な改正が加えられた。その結果、新制度においては、地価が課税標準とされ、物納から金納に、納税義務者は耕作者から地主にかえられた。税率は、豊作・凶作にかかわらず地価の100分の3という定率(この率はその後しばしば変更された)で課されるようになるとともに、制度が全国的に統一された。この改正によって政府は安定した税収を確保できるようになり、他方、全国的に統一的な地価の評価が行われることにより、納税者にとっても負担の公平が維持されるとともに、土地の所有権も確立された。1884年には地租改正条例が廃止されて地租条例が制定され、以後長い間、地租の根拠法規となった。
 明治時代を通じて、地租は国の主要税収源であり、その割合がもっとも高かった1873年には国の租税および印紙収入総額の93.2%にも及んだ。その後、ほかの近代的租税が導入されるとともにその割合はしだいに低下し、1911年(明治44)には17.8%となった。1931年(昭和6)には地租条例が廃止されて地租法が制定され、地租はこれまでの地価にかわって賃貸価格に課されることになった。1940年には地方分与税中の還付税となり、第二次世界大戦後の1947年(昭和22)には地租法が廃止され、地租は国税から地方税である府県税へ移行された。ついで1950年のシャウプ勧告に基づく地方税制の改正に伴って地租は廃止され、市町村税である固定資産税の一部に組み込まれた。[林 正寿]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐そ【地租】

〘名〙 土地を課税物件とする租税。明治六年(一八七三)の地租改正で近代的形態を整え、地価を課税標準とする金納となり、第一次大戦の時期まで国税の大半を占めた。昭和二二年(一九四七)府県税となり、同二五年廃止されて、固定資産税の一部として市町村税に組み入れられた。地税。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「三都の地租を免し都会を旺盛ならしむるの政略を行ひしも此時にあり」 〔新唐書‐魏徴伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地租の言及

【固定資産税】より

…農業が生産の中心であった時代には,土地は最も有力な生産源であったからである。明治維新後は地租が国税の中枢となったが,地方公共団体もこれに大きな付加税を課していた。家屋に対する課税も1882年以来地方税として重要な財源となっており,当時の地租家屋税の課税標準は賃貸価格であった。…

【租税】より


【租税の歴史】
 明治初期以来の租税収入の変遷をみると,日本の産業構造の推移がそのまま反映されていることがわかる。表1でみるとおり,地租は1873年(明治6)に地租改正令が公布される以前においても以後においても,国税収入面で明治財政を支える根幹となった税目である。同時に,地租改正は明治経済の〈離陸〉に必要な収入を確保したばかりでなく,改正により全国的に統一された近代的税制を確立した点も評価されねばならない。…

【地租改正】より

…明治初年に行われた土地制度・租税制度の改革をいい,この時期の明治政府の中心的政策の一つをなす。
[地租改正法の成立過程]
 1871年(明治4)7月の廃藩置県直後から,廃藩置県という権力の集中に照応した租税改革への動きが,大久保利通,井上馨らの伺・上申の形で,大蔵省を中心にして本格化する。その動きの基本線は藩体制の解体を前提にし,領主的土地所有を否定して私的土地所有権の確認に基づく租税改革を目ざすものであった(すなわち,地所永代売買解禁→私的土地所有権の確認→地券交付→租税賦課により旧貢租(現物形態)を地租(貨幣形態)として集中統一すること)。…

【年貢】より

…ただし河川普請(ふしん)役,助郷(すけごう)役などの夫役(ぶやく)負担は,諸役と称して年貢と区別するのが一般である。なお小作人が地主に納入する小作料や,明治以降の地租を,俗に年貢と呼称することもある。
[年貢の賦課法]
 年貢の仕法は,領主によって差異があるので,以下幕領の場合を中心に本年貢の賦課法をみる。…

※「地租」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地租の関連情報