皇大神・皇太神(読み)こうたいじん

  • こうたいじん クヮウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「こうだいじん」とも) 神に対する最高の尊称。主として、伊勢皇大神宮の祭神天照大御神にいい、まれに熱田、賀茂などの神にも用いた。
※賀茂皇太神宮記(1414)「ことさら此皇太神は、敷しまのみちにたづさはる人は、この御社にいのりをかけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android