尊称(読み)ソンショウ

大辞林 第三版の解説

そんしょう【尊称】

尊敬の気持ちをこめて呼ぶ呼称。 「 -を奉る」
特定個人の徳をたたえる特別な呼び方。徳川家康を権現様という類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そん‐しょう【尊称】

〘名〙 尊敬の意をこめて呼ぶこと。また、その名称。「尊敬語」とほぼ同義にも用いる。敬称。
※史記抄(1477)七「幽州や漢中の方には老嫗を為媼ぞ。長老の尊称とも云ぞ」 〔春秋左伝注‐宣公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尊称の言及

【人名】より

…人名の上記のような特色は,日本の長い歴史とともに醸成されたものであり,現代の人名は紆余曲折を経た結果なのである。
[古代]
 大和時代の神名や貴人の名には,美称や尊称が付されるのが常であった。例えば,天鈿女(あめのうずめ)命の〈天〉は美称,〈命〉は尊称であって,実名は鈿女である。…

※「尊称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊称の関連情報