尊称(読み)そんしょう

精選版 日本国語大辞典「尊称」の解説

そん‐しょう【尊称】

〘名〙 尊敬の意をこめて呼ぶこと。また、その名称。「尊敬語」とほぼ同義にも用いる。敬称
※史記抄(1477)七「幽州や漢中の方には老嫗を為媼ぞ。長老の尊称とも云ぞ」 〔春秋左伝注‐宣公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尊称の言及

【人名】より

…人名の上記のような特色は,日本の長い歴史とともに醸成されたものであり,現代の人名は紆余曲折を経た結果なのである。
[古代]
 大和時代の神名や貴人の名には,美称や尊称が付されるのが常であった。例えば,天鈿女(あめのうずめ)命の〈天〉は美称,〈命〉は尊称であって,実名は鈿女である。…

※「尊称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android