コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊称 ソンショウ

デジタル大辞泉の解説

そん‐しょう【尊称】

尊敬の気持ちをもって呼ぶ表現。⇔卑称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そんしょう【尊称】

尊敬の気持ちをこめて呼ぶ呼称。 「 -を奉る」
特定個人の徳をたたえる特別な呼び方。徳川家康を権現様という類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尊称の言及

【人名】より

…人名の上記のような特色は,日本の長い歴史とともに醸成されたものであり,現代の人名は紆余曲折を経た結果なのである。
[古代]
 大和時代の神名や貴人の名には,美称や尊称が付されるのが常であった。例えば,天鈿女(あめのうずめ)命の〈天〉は美称,〈命〉は尊称であって,実名は鈿女である。…

※「尊称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尊称の関連キーワード法界三昧普賢大士釈迦牟尼仏日嗣の御子阿弥陀如来大恩教主釈迦文仏智者大師閻魔大王徳川家康摩訶迦葉大覚世尊釈迦如来御祖師様達磨大師近江聖人入道禅下真言妙典弥勒慈尊無上尊御大師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尊称の関連情報