益体無(読み)やくたいなし

精選版 日本国語大辞典の解説

やくたい‐なし【益体無】

〘名〙 (形動) 役に立たないこと。無益なこと。でたらめなこと。たわいがないこと。しまりがないこと。また、そのさまやその人。やくたい。
※虎明本狂言・乞聟(室町末‐近世初)「惣別あの男のやうな、やくたいなしは、すへとげまひとおもふたに」
※都鄙問答(1739)二「いかさま世に稀なる薬袋(ヤクタイ)なしとは汝がことなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android