コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都鄙問答 とひもんどう

5件 の用語解説(都鄙問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都鄙問答
とひもんどう

江戸時代中期の心学者石田梅岩の著書。石門心学の根本原理を述べたもの。長短 16段の問答から成り,全4巻。元文4 (1739) 年刊。売本ではなく,門弟や講義を聞く人のための一種の私家版として頒布されたらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とひもんどう〔トヒモンダフ〕【都鄙問答】

江戸中期の心学書。4巻。石田梅岩著。元文4年(1739)刊。石門心学の思想を、平易な問答形式で述べたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とひもんどう【都鄙問答】

江戸時代の心学の祖石田梅岩の主著。4巻16段。1739年(元文4)刊。明治以後も版を重ねた。月次の例会での問答を中心としたもので,梅岩の思想が集約されている。社会に貢献する点では商人も武士に劣らないとの主張が高く評価されているが,そのためにも商人は商人道を自覚しなければならぬと反省を求めるところに梅岩の主意があった。石門心学の中心的教典となった。《経済大典》,岩波文庫などに所収。【竹中 靖一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都鄙問答
とひもんどう

江戸中期の心学(しんがく)者石田梅岩(ばいがん)の主著。4巻16段の問答体よりなり、石門(せきもん)心学の原理論を説いた書。1739年(元文4)刊。第1巻は「都鄙問答ノ段」以下5段、梅岩の思想体験と学問観を中心に、「孝」の道をはじめ四民の道を論じ、総論とする。第2巻は「鬼神ヲ遠(とおざく)ト云事(いうこと)ヲ問(とう)ノ段」以下4段、神儒仏諸思想の一致を説く。なかでも「或(ある)学者商人ノ学問ヲ譏(そしる)ノ段」は、商人の道が士農工の道と同等で普遍的人間の道として、時代の通念であった賤商(せんしょう)論に反論した注目すべき段である。第3巻は全巻「性理問答ノ段」にあてられ、梅岩独自の心学哲学が展開されている。第4巻は「学者行状心得難(こころえがた)キヲ問ノ段」以下6段、学者、僧侶(そうりょ)、医者、商人のあり方や信仰の問題など、多方面にわたる具体例について梅岩の主張を明らかにする。同書は全巻を通じて梅岩の誠実な人格と思索がうかがわれ、近世中期の庶民が自覚した哲学を示す代表的著作として注目すべきである。[今井 淳]
『『日本古典文学大系 97 近世思想家文集』(1966・岩波書店) ▽『日本の名著 18 富永仲基・石田梅岩』(1972・中央公論社) ▽石川謙著『石田梅岩と都鄙問答』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の都鄙問答の言及

【石田梅岩】より

…月に3回商家の主人たちを集めてゼミナールを開き,弟子の養成に努めた。主著《都鄙問答(とひもんどう)》はそのときの問答の抜粋である。倹約を正直の徳と結び,すべての道徳の基礎においた。…

※「都鄙問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone