コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目合ひ マグワイ

デジタル大辞泉の解説

ま‐ぐわい〔‐ぐはひ〕【目合ひ】

目と目とを見合わせて愛情を通わせること。めくばせ。
「出で見て、すなはち見感(みめ)でて、―して」〈・上〉
男女の交接。性交。
「みとの―せむ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぐわい【目合ひ】

( 名 ) スル
目を見合わせて愛情を通わせること。めくばせ。 「 -して相婚ひたまひて/古事記 上訓
情交。性交。 「唯その弟おと、木花之佐久夜毘売このはなのさくやびめを留めて一宿ひとよ-したまひき/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目合ひの関連キーワード古事記情交交接

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android