コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目立て機械 めたてきかい

1件 の用語解説(目立て機械の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

目立て機械【めたてきかい】

製材,木工用の帯のこや丸のこの歯形を砥石(といし)またはやすりなどで整形,仕上げする機械の総称。回転砥石車を用いる帯のこ歯研削盤,丸のこ歯研削盤,やすり,油砥石などを用いるのこ刃側面仕上機などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

目立て機械の関連キーワード歯形油砥石ギムネ玉の帯のこのこ歯切りのこのこさいさい引切り鋸レプトサーマル帯風化作用帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone