目違い(読み)メチガイ

大辞林 第三版の解説

めちがい【目違い】

まちがって見ること。見そこなうこと。見当違い。 生まれてから、俺おいら、-をしたのは、お前達二人ばかりだ/婦系図 鏡花
接合部における突起部の総称。木材の継ぎ手や仕口などにおいて、接合を堅固にするために設ける。めち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android