目長/目永(読み)メナガ

デジタル大辞泉の解説

め‐なが【目長/目永】

[名・形動ナリ]長い目で見ること。また、そのさま。
「万事不調法者でござるに依って御―に遣はせられて下されい」〈虎寛狂・縄綯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐なが【目長】

〘名〙 (形動) 現状だけで良い悪いを判断せず、長い期間にわたった場合のことを考えて判断すること。ながい目でみるさま。
※虎寛本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「万事つつと不調法者で御ざる程に、御目永に遣はせられて被下い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android