盲打・盲撃(読み)めくらうち

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐うち【盲打・盲撃】

[1] 〘名〙
① どこという目あてなく、むやみに打ちたたいたり、打ちこんだりすること。
※玉塵抄(1563)三「盲風はずいにめくらふきにふくと云心か、なにもそばひらをもみずあることを云ぞ、めくら打にうつなどと云ぞ」
※浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中「目くらうちになぐりうちなぐりうち」
② 弓・鉄砲などを、ねらいも定めないで、むやみに発射すること。
③ 太鼓・鼓などを、乱打すること。
[2] 謡曲。世阿彌作。散逸曲。〔申楽談儀(1430)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android