ふき

精選版 日本国語大辞典「ふき」の解説

ふき【袘・

〘名〙 (「ふきかえし(吹返)」の略されてできた語か) 袷(あわせ)綿入れなどの袖口や裾の部分の裏地を、表に折り返して縁のように縫いつけたもの。ふき返し。〔書言字考節用集(1717)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉八「変り色の厚い袘(フキ)の椽に引き擦るを軽く蹴返しながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品「ふき」の解説

ふき[葉茎菜類]

東北地方宮城県の地域ブランド。
主に本郡南三陸町で生産されている。数少ない日本原産の山菜から食用とされ、煮物ほかきゃらぶき・粕漬け・みそ漬け葉の佃煮などの常備菜として利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

普及版 字通「ふき」の解説

【不】ふき

君父本名を避けずにいう。また、死ぬ。〔漢書、丙吉伝〕上(しゃう)自ら臨みて吉に問うて曰く、(も)し不らば、誰(たれ)か以て自(よ)りて代るべきぞと。吉、辭謝して曰く、群臣行能は、の知るなり。

字通「不」の項目を見る

【負】ふき

そしられる。

字通「」の項目を見る

【浮】ふき

怪しげ。

字通「浮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android