ふき

普及版 字通 「ふき」の読み・字形・画数・意味

【不】ふき

君父本名を避けずにいう。また、死ぬ。〔漢書、丙吉伝〕上(しゃう)自ら臨みて吉に問うて曰く、君(も)し不らば、誰(たれ)か以て自(よ)りて代るべきぞと。吉、辭謝して曰く、群臣行能は、の知るなり。

字通「不」の項目を見る


【負】ふき

そしられる。

字通「負」の項目を見る


【浮】ふき

怪しげ。

字通「浮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品 「ふき」の解説

ふき[葉茎菜類]

東北地方宮城県地域ブランド
主に本吉郡南三陸町で生産されている。数少ない日本原産の山菜。昔から食用とされ、煮物ほかきゃらぶき・粕漬け・みそ漬け葉の佃煮などの常備菜として利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android