コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潤色 ジュンショク

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐しょく【潤色】

[名](スル)
色をつけ光沢を加えること。
表面をつくろい飾ったり事実を誇張したりしておもしろくすること。「潤色を加える」「事件を潤色して伝える」
天の恵み。また、幸運。
「あはれ―やと、悦び勇まぬ者はなし」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんしょく【潤色】

( 名 ) スル
文にいろどりを加えること。
表面をつくろったり、おもしろく飾りたてたりすること。 「事実を-する」 「 -を加える」 「 -を交える」
光彩を添え飾ること。 「哀れ-やと悦び勇まぬ者はなし/太平記 10
利益となるもの。めぐみ。 「鼠をほろぼすといふも、我-にあらず、汝が餌食とせんためなり/仮名草子・伊曽保物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潤色の関連キーワードセミドキュメンタリー今帰仁ミャークニーアダプテーションジャガタラお春酢でさいて飲む板倉氏新式目ブラトビッチ敢え無くなす鳥居強右衛門新血・荒血勢力富五郎ほたえ死に引越し夫婦卯月の紅葉但見仙鶴虞美人草ギルダス打明ける群馬事件三面記事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潤色の関連情報