盲石(読み)めくらいし

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐いし【盲石】

〘名〙 真っ白や真っ黒、または光るで、家に持ち帰ると目が見えなくなるなどといって忌まれていた石。
俳諧・鸚鵡集(1658)一「石塔をつめよ川原のめくら石〈恵称〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報