コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直柄 ヒタエ

デジタル大辞泉の解説

ひた‐え【直柄】

まっすぐな刀の柄(つか)。また、作りつけになっている用具の柄(え)。
用具そのものの形が握る部分を兼ね備えているもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひたえ【直柄】

つくりつけの柄。また、反りのないまっすぐな刀のつか。
柄をつけなくても、そのまま握って扱えるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の直柄の言及

【斧】より

…そこで両者のあいだに角製などの袖sleeveを介在させて密着と衝撃緩和とをはかるものもある(デンマーク中石器時代,スイス新石器時代,中国漢代,ニューギニア民族例)。柄をまっすぐな棒状の直柄(なおえ)と先が短く屈曲する膝柄(ひざえ)knee‐shaftとに大別し,膝柄の屈曲部分を斧台footとよんでおく。袖の使用例を含め着装法の各種は図解にゆずる。…

【石斧】より

…この先史例および民族例ともに,横斧用には木の幹と枝が分かれる部分を利用し,幹側から斧身をとりつける部分を,枝側から使用者が握る部分を作り出したもの,すなわち膝柄(ひざえ)が多い。また縦斧用には,棒状の直柄(なおえ)を用い,その太い方の端近くに孔をあけ,ここに斧身を挿し入れる場合が多い。福井県鳥浜貝塚で多数見いだされている縦斧用の膝柄は,世界の先史・民族例にも類例をみない。…

※「直柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

直柄の関連キーワード差し渡す反り

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android