コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直江津港

デジタル大辞泉プラスの解説

直江津港

新潟県にある港。日本海沿岸、関川河口部に開かれた古くからの要港。1952年6月設立。港湾管理者は、新潟県重要港湾(1951年9月指定)。港湾区域面積は、1,013ヘクタール。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の直江津港の言及

【上越[市]】より

…信越本線が通じ,スキー板,農業機械など中小の地場産業があるが,商業地域的性格が強い。一方,北部の直江津地区は荒川河口に臨んで直江津港があり,北陸本線,信越本線の分岐点をなす海陸交通の要地で,近隣の資源を生かした重化学工業の臨海工業地域を形成する。掘込み式の直江津港は1958年の建設で,66年開港場に指定され外国船も出入りできるようになった。…

【直江津】より

…今町湊は戦国時代は春日山城下の,江戸時代は高田城下の外港であった。直江津港の出入貨物は原木,重油,アルミナなどの移入量が,工業製品などの移出量よりもはるかに多い。国道8号線と18号線,信越本線と北陸本線の分岐点で陸上交通の要衝でもある。…

※「直江津港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直江津港の関連キーワード新潟工業地域福永彦左衛門新潟県上越市上越[市]春日山城跡福永七兵衛松平光長小栗美作佐渡汽船高田城直江津上越市

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直江津港の関連情報