要港(読み)ヨウコウ

  • ようこう エウカウ
  • ようこう〔エウカウ〕

デジタル大辞泉の解説

軍事や交通・輸送などの面で重要な港。
旧日本海軍で、軍港に次ぐ重要な。海軍要港部(のち警備府)が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 交通・輸送・軍事などの面で価値の高い港。重要な港。
※公議所日誌‐一二・明治二年(1869)五月「第十七 要港へ、海軍局一ケ所づつ、設くべき事」
② 旧日本海軍の軍用港、根拠地。軍港に準じ、要港部(昭和一六年以降は警備府)が置かれ、担任海軍区(警備区)の防御、警備の基地とした。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の要港の言及

【軍港】より

…日本では,1884年横須賀に鎮守府を開設して軍港に指定したのが最初で,86年には海軍条例によって日本周辺海域を5海軍区に分け,各海軍区に軍港を,各軍港には鎮守府を置くことになり,呉,佐世保は89年,舞鶴は1901年,旅順(満州)は05年,それぞれ鎮守府開設とともに軍港となった。以後海軍区の変更等によって,旅順は14年,舞鶴は23年,それぞれ要港となり,舞鶴は39年ふたたび軍港となった。要港とは,《要港部条例》(1896)で定められたもので,軍港より規模,機能とも小さく,鎮守府司令長官の指揮下に置かれた。…

※「要港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要港の関連情報