コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要港 ヨウコウ

デジタル大辞泉の解説

よう‐こう〔エウカウ〕【要港】

軍事や交通・輸送などの面で重要な港。
旧日本海軍で、軍港に次ぐ重要な港。海軍要港部(のち警備府)が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようこう【要港】

交通・輸送・軍事・産業上重要な港。 「東西貿易の-」
旧海軍の基地の一。軍港より規模・機能ともに小さく、警備府が置かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の要港の言及

【軍港】より

…日本では,1884年横須賀に鎮守府を開設して軍港に指定したのが最初で,86年には海軍条例によって日本周辺海域を5海軍区に分け,各海軍区に軍港を,各軍港には鎮守府を置くことになり,呉,佐世保は89年,舞鶴は1901年,旅順(満州)は05年,それぞれ鎮守府開設とともに軍港となった。以後海軍区の変更等によって,旅順は14年,舞鶴は23年,それぞれ要港となり,舞鶴は39年ふたたび軍港となった。要港とは,《要港部条例》(1896)で定められたもので,軍港より規模,機能とも小さく,鎮守府司令長官の指揮下に置かれた。…

※「要港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

要港の関連キーワードオリエンタルミンドロ州青森県むつ市宇田町プエルト・カベヨキングスタウンアルベマール湾小見川[町]江戸崎〈町〉小須戸〈町〉ヌクアロファバッファロー下蒲刈[町]ビンタン島大川[市]大輪田の泊富来[町]オマーン湾真崎 勝次モロタイ島キルプエ東西貿易

要港の関連情報