コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直読 チョクドク

大辞林 第三版の解説

ちょくどく【直読】

( 名 ) スル
漢文を、返り点によって訓読せずに、上から下へまっすぐに音読すること。 ↔ 顚読 「論語を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直読の関連キーワード裏針・逆針・闇針フィルムバッジポケット線量計クリノメーター上皿てんびん微量てんびん倉石武四郎魚群探知機測微顕微鏡顛読・顚読てんびん周波数計電位差計電気計測放射線比重秤分光器音読み漢文嘉辰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android