コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返り点 カエリテン

デジタル大辞泉の解説

かえり‐てん〔かへり‐〕【返り点】

漢文の訓読で、返り読み順序を示すために施される符号漢字の左下に小さく記入するもので、「レ、一・二・三、上・中・下、・乙・、天・地・人」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

返り点【かえりてん】

訓点の一つ。漢文訓読の際,原文語序を転倒して読むことを示すために記す符号。レ・一二三・上中下・甲乙丙・天地人など。一字返読用のものを特にレ点または雁(かりがね)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かえりてん【返り点】

漢文を訓読する場合に,語序が中国語と日本語とでは相違するので,中国語の語序を日本語の語序に合わせるため,読む順序を示す記号,一・二・三,上・中・下,甲・乙・丙,天・地・人などを用い,漢字の左下に小さく記す。1字のみの順序を反倒するを雁(かりがね)点という。返り点は平安時代の初期から行われているが,当初のそれは,反倒して訓(よ)む文字の左下に記すだけで,どこへ返って訓むかを明らかに示さなかった場合もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かえりてん【返り点】

漢文を訓読する場合に、漢字の左下隅につけ下から上へ返って読むことを表す記号。「」はすぐ下の字から一字返って読むことを示し、一・二・三、上・中・下、甲・乙・丙などはその順序に上に返って読むことを示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

返り点
かえりてん

漢文訓読において、漢文の字の順序が日本語と相違する場合、原文の字順とは逆に下から上へ返って読むこと(返読)を示す符号。返読符ともいう。現在では次のようなものがある。
(1)レ点(雁点(かりがねてん))―下の字からただちに上の字に返る際に用いる。
(2)一・二点―2字以上を隔てて下から上へ返るのに用い、必要に応じて三・四なども使う。
(3)上(・中)・下点―一・二点を中に挟んで返る際に用いる。
(4)甲・乙・丙・丁点―(3)で不足のときに用いる。
(5)天・地・人点―(4)でも不足の際に使う。
 返り点は、わが国で訓点を記入するようになった当初から実例があり、最古の例は『華厳経刊定記(けごんきょうかんじょうき)』に記入された788年(延暦7)のものである。また、雁点は12世紀末から使用され始め、その形態は時代により変遷があった。[月本雅幸]
『小林芳規著「表記法の変遷」(『現代作文講座6 文字と表記』所収・1977・明治書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の返り点の言及

【訓点】より

…漢文を日本語の文章構造に従ってよみ下すために,原文の行間や字間につける文字や符号。返点(かえりてん)すなわち,レ(かりがね),一・二・三・四,上・中・下,甲・乙・丙などの符号,およびヲコト点,朱引(しゆびき)などをもちいて,漢字の音読・訓読の区別,字音・訓・よむ順序・句の切り方などを示すもの。傍に片仮名を併用することが多い。奈良時代に訓点はすでに行われたと推測されるが,奈良時代末に訓注を万葉仮名でつけた例が正倉院文書にある。…

※「返り点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

返り点の関連キーワード慚無い・慙無い素文・麁文顛読・顚読漢文訓読白文訓点訓点資料をこと点暦算全書英語教育卍字蔵経漢籍読み返り字棒読み点付き一二点両点回環片点顛読加点

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

返り点の関連情報