相似比(読み)ソウジヒ

デジタル大辞泉の解説

そうじ‐ひ〔サウジ‐〕【相似比】

相似の関係にある図形間で、対応する部分の長さの比。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の相似比の言及

【相似】より

…いま,Fの任意の点Pに対し,OからPに向かう半直線を考えて,その上に点P′をOP′/OP=kとなるようにとれば,PがF上を動くときP′は一つの図形F′を描く(図1)。このとき図形F,F′は相似の位置にあるといい,Oを相似の中心,kを相似比という。また,k>1ならばF′はFk倍に拡大した図形,k<1ならばF′はFk倍に縮小した図形という。…

※「相似比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android