図形(読み)ずけい

精選版 日本国語大辞典「図形」の解説

ず‐けい ヅ‥【図形】

〘名〙
① あるを描くこと。また、その描いた形。図の形。
経国集(827)一一・奉和太上天皇春堂五詠四首〈坂田永河〉「春堂六扇屏、淡墨図形尚可弁」
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「これを押したらんには、反対せる図形を布上に印出すべしと」 〔宋書‐礼志四〕
数学で、・線・立体、またはそれらの集まり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「図形」の解説

ず‐けい〔ヅ‐〕【図形】

の形を図にかいたもの。
数学で、面・線・点・立体、またはそれらの集まり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「図形」の解説

【図形】ず(づ)けい

画像。〔宋書、礼志四〕興りてより已來、小善なるも、圖形してを立つる多し。

字通「図」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android