図形(読み)ずけい

精選版 日本国語大辞典「図形」の解説

ず‐けい ヅ‥【図形】

〘名〙
① ある形を描くこと。また、その描いた形。図の形。
※経国集(827)一一・奉和太上天皇春堂五詠四首〈坂田永河〉「春堂六扇屏、淡墨図形尚可弁」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「これを押したらんには、反対せる図形を布上に印出すべしと」 〔宋書‐礼志四〕
② 数学で、点・線・面・立体、またはそれらの集まり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android