図形(読み)ズケイ

  • ずけい ヅ‥
  • ずけい〔ヅ〕

大辞林 第三版の解説

形をかき表すこと。またかき表した図。
図式やグラフの総称。
点・線・多角形・円・円錐曲線・球・多面体などのような幾何学で対象とするもの。平面図形と空間図形(立体図形)に分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある形を描くこと。また、その描いた形。図の形。
※経国集(827)一一・奉和太上天皇春堂五詠四首〈坂田永河〉「春堂六扇屏、淡墨図形尚可弁」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「これを押したらんには、反対せる図形を布上に印出すべしと」 〔宋書‐礼志四〕
② 数学で、点・線・面・立体、またはそれらの集まり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図形の関連情報