相対論的エネルギー(読み)そうたいろんてきエネルギー(英語表記)relativistic energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相対論的エネルギー
そうたいろんてきエネルギー
relativistic energy

相対性理論において,静止質量 m0 ,速さ v で運動する自由粒子がもつ全エネルギー E を相対論的エネルギーといい, で与えられる。ここで c は真空中の光速度である。相対論的質量は で与えられ,これを用いると Emc2 となる。これは質量がエネルギーの1種であって,その換算率が c2 で与えられることを意味する。これを質量とエネルギーの等価性という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android