相手先商標製品(読み)あいてさきしょうひょうせいひん(英語表記)original equipment manufacturing; OEM

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相手先商標製品
あいてさきしょうひょうせいひん
original equipment manufacturing; OEM

メーカーが生産委託を受けた相手のブランド(商標)で商品を生産すること。メーカー間で行なったり,スーパーなどの大手小売業者がメーカーに発注したりするほか,生産コストの安いアジア諸国へ委託することも広く行なわれている。この方法をとると,製品の品ぞろえを豊富にできる一方,受託したメーカーは,販売努力なしに生産量が増えコストダウンできるメリットがある。ビデオテープレコーダを例にとると,日本が欧米メーカーからの OEMで大半を生産してきたが,近年は大韓民国のメーカーなどへの委託が増加した。自動車業界でも,生き残りのため OEMによる生産車種の絞り込みが進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android