委託(読み)イタク

  • いたく〔ヰ〕
  • 委託/委×托

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ゆだね任せること。人に頼んで代わりにやってもらうこと。「販売を業者に―する」
契約などの法律行為やその他の事務処理を他人に依頼すること。
客から取引所の取引員に注文を出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

私法上は,契約に基づいて一定の行為などを他人に依頼することをいう。委託者と受託者の信頼関係に基づくものである。法律行為や事務の処理を委託する契約を委任といい,物の保管を委託する契約を寄託という。そのほか,請負信託問屋仲立運送なども委託に基づいて成立する契約である。行政法上は,国または公共団体が一定の行政事務を公共団体,機関または私人に依頼して行わせることをいう。この場合の行政を委任行政という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スル
自分の代わりを人や機関に頼みゆだねること。 業務を-する
法律行為または事実行為(事務)などを他人または他の機関に依頼すること。
取引で、客が商品仲買人または証券業者に売買を依頼すること。 同音語の依託は物事を他人にたのみまかせることであるが、それに対して委託は法律分野でよく用いる語で、事務・取引・業務などを他人や外部にまかせることをいう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資金を預けてその運営を頼んだり、荷物の運送を頼むなど、他人を信頼してある行為を依頼すること。委託は、委託者と受託者との間に信任関係を生じさせ、一定の法律関係の基礎をなすものといえるが、法律的に定まった内容をもつ概念ではなく、その内容により、委任、寄託、請負、問屋、運送、信託などの法律関係を生じさせる。委託を受けた者は、委託の趣旨に従って自己の裁量で事務を処理する。[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

委託の関連情報