委託(読み)イタク

デジタル大辞泉 「委託」の意味・読み・例文・類語

い‐たく〔ヰ‐〕【委託/委×托】

[名](スル)
ゆだね任せること。人に頼んで代わりにやってもらうこと。「販売業者に―する」
契約などの法律行為その他の事務処理他人に依頼すること。
客から取引所の取引員に注文を出すこと。
[類語]依託信託寄託預託委任付託委嘱依嘱嘱託預ける頼む託するゆだねる任せる言付けるしょくする・やってもらう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「委託」の意味・わかりやすい解説

委託
いたく

資金を預けてその運営を頼んだり、荷物運送を頼むなど、他人を信頼してある行為を依頼すること。委託は、委託者と受託者との間に信任関係を生じさせ、一定の法律関係の基礎をなすものといえるが、法律的に定まった内容をもつ概念ではなく、その内容により、委任、寄託、請負問屋、運送、信託などの法律関係を生じさせる。委託を受けた者は、委託の趣旨に従って自己裁量で事務を処理する。

[高橋康之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「委託」の意味・わかりやすい解説

委託 (いたく)

私法上は,契約に基づいて一定の行為などを他人に依頼することをいう。委託者と受託者の信頼関係に基づくものである。法律行為や事務の処理を委託する契約を委任といい,物の保管を委託する契約を寄託という。そのほか,請負,信託,問屋,仲立,運送なども委託に基づいて成立する契約である。行政法上は,国または公共団体が一定の行政事務を公共団体,機関または私人に依頼して行わせることをいう。この場合の行政を委任行政という。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android