真間式土器(読み)まましきどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真間式土器
まましきどき

南関東の奈良時代を中心とする土器(土師器(はじき))型式。千葉県市川市真間出土の浅い盤状の坏(つき)に着目して、杉原荘介(そうすけ)が設定した。その後、口縁部径が胴部径より大きい長胴の薄い器壁をもつ甕(かめ)などの発見によって型式内容が明らかになった。器種は少ない。[岩崎卓也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android