コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉原荘介 すぎはらそうすけ

2件 の用語解説(杉原荘介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉原荘介
すぎはらそうすけ

[生]1913.12.6. 東京
[没]1983.9.1. 千葉,市川
考古学者。 1943年明治大学史学科卒業。文部省勤務を経て,明治大学教授。重要な遺跡の調査を主宰,弥生土器土師器の編年研究の基礎をつくり,その社会のもつ意味を探る方法論の基礎を提示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉原荘介 すぎはら-そうすけ

1913-1983 昭和時代の考古学者。
大正2年12月6日生まれ。森本六爾に師事。文部省勤務などをへて明大教授。戦後の静岡県登呂(とろ)遺跡発掘調査に中心的役割をはたす。また岩宿遺跡の調査で旧石器文化の存在を確認した。昭和23年日本考古学協会創立に尽力。昭和58年9月1日死去。69歳。東京出身。明大卒。著作に「弥生(やよい)式土器集成」「日本先土器時代の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杉原荘介の関連キーワード八幡一郎藤森栄一先史考古学森浩一大場磐雄岡崎敬工藤雅樹甲野勇玉井伊三郎早川荘作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉原荘介の関連情報