着床式洋上風力発電(読み)チャクショウシキヨウジョウフウリョクハツデン

デジタル大辞泉の解説

ちゃくしょうしき‐ようじょうふうりょくはつでん〔チヤクシヤウシキヤウジヤウフウリヨクハツデン〕【着床式洋上風力発電】

洋上風力発電のうち、発電設備を支える基礎部分を海底に固定するもの。コスト等の観点から、水深が比較的浅い海域に適しているとされる。→浮体式洋上風力発電

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android