知振(読み)しったかぶる

精選版 日本国語大辞典の解説

しったか‐ぶ・る【知振】

〘自ラ五(四)〙 ったかぶりをする。
※悉皆屋康吉(1945)〈舟橋聖一〉五「あなたは人がいいのね。言葉には裏があるのがわかんないの。それに、何でも知ったか振って」

しった‐ぶり【知振】

〘名〙 (「しったふり」「しったぷり」とも) =しったかぶり(知━振)
※天草本伊曾保(1593)驢馬と狐の事「ナニヲモ シラデ xittaburiuo(シッタブリヲ)セバ、タチマチ ゴンカニ ヒトカラ ミシラレテ」

しったり‐ぶり【知振】

〘名〙 (形動) =しったかぶり(知━振)
※両足院本周易抄(1477)一「蒙々としていたが、聖人ぞ。知たりぶりするは、わるいぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android