驢馬(読み)ろば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

驢馬
ろば

詩雑誌。1926年(大正15)4月~28年(昭和3)5月。全12冊。編集兼発行人窪川鶴次郎(くぼかわつるじろう)、11号以後宮木喜久雄。室生犀星(むろうさいせい)のもとに集まっていた中野重治(しげはる)、堀辰雄(たつお)、窪川、西沢隆二、宮木、平木二六(ひらきじろう)らが創刊した同人雑誌。誌名は堀の提案により、表紙題字は芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の主治医で俳人の下島空谷(しもじまくうこく)の揮毫(きごう)。伝統文学の良質部分を受け継ぎつつも、やがて革命文学を担う中野と20世紀文学を担う堀との同居が、大正末から昭和初期への同人雑誌群のなかでも重要な史的位置を占めた。中野の詩「歌」、評論「詩に関する二三の断片」や、堀のコクトー、アポリネール、フランシス・ジャムなどの翻訳詩や詩論のほか、犀星を介して芥川、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)、佐藤春夫ほかも寄稿。また準同人格で田島(佐多)いね子も詩を発表している。中野を筆頭に、堀を除く他の同人たちはのちに革命文学・運動に参加していった。復刻版(1960・日本近代文学研究所)がある。

[大塚 博]

『古林尚「驢馬」(『文学』1958年11月号所収・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

驢馬【ろば】

詩雑誌。1926年4月―1928年5月,全12冊。馬発行所発行。室生犀星のもとに集まった中野重治堀辰雄窪川鶴次郎宮木喜久雄,平木二六らによって創刊された同人雑誌。レーニンハイネを訳して革命詩,革命詩論を発表する中野と,コクトーアポリネールジャムの詩,詩論を訳して20世紀的芸術革命を志向する堀という二つの強い個性が同居する。堀を除く同人たちが革命運動に参加していったことにより,終刊。
→関連項目佐多稲子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろ‐ば【驢馬】

〘名〙 ウマ科の家畜。原種はアフリカノロバ。馬に似ているが肩高約一メートルと小形。耳は馬より長いのでウサギウマともいう。尾は牛に似て下部にだけ房毛があり、くびは比較的短い。毛色は黄褐色、灰黄色などで肩や四肢に暗色の条斑がある。世界各地で飼育。粗食・労役に耐えるので荷役用などとする。日本には明治以後輸入された。ドンキー。ろ。〔文明本節用集(室町中)〕 〔漢書‐西域伝・上・鄯善国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろ‐ば【×驢馬】

ウマ科の哺乳類。肩高約1.2メートル。体形は馬に似るが、たてがみは立っていて耳が長く、の先に房毛をもつ。乾燥地に生息。野生種アフリカノロバが古代エジプト時代から家畜化され、改良途中アジアノロバも関与したと考えられる。体は頑丈で粗食労役に耐える。ドンキー。うさぎうま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろば【驢馬】

詩雑誌。1926年(大正15)4月~1928年5月。全12冊。編集発行人は窪川鶴次郎,第11号から宮木喜久雄。発行は驢馬発行所。室生犀星のもとに集まった中野重治,堀辰雄,窪川鶴次郎,西沢隆二,宮木喜久雄,平木二六(途中で脱退)らで出した同人誌。途中から太田辰夫(途中死去),渡辺亮介,葛巻義敏らが同人として,また田島(窪川)いね子が準同人格で加わった。詩雑誌として多くの詩,詩論,翻訳,小説などを載せたが,なかでも中野重治の詩〈夜明け前さよなら〉ほかのプロレタリア詩や詩論,また堀辰雄のコクトー,アポリネールらの20世紀芸術作品の翻訳などが目立つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android