コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知的基盤 ちてききばんintellectual infrastructure

1件 の用語解説(知的基盤の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

知的基盤

人間の様々な活動において得られる知的な資産を体系化・組織化して蓄積し、それらを使いやすい形で提供すれば、より効果的に使われる。そうした研究開発をはじめとする、知的創造活動によって創出される科学や技術の蓄積された集合体を知的基盤と呼ぶ。例えば、計量標準(標準物質を含む)、化学物質安全管理基盤(有害性評価法、有害性データベース等)、地質情報(地質図、活断層図、火山図等)、人間生活・福祉関連基盤(人間特性評価法、人間特性データベース等)、生物資源情報基盤(有用微生物菌株、DNA解析データベース等)、材料関連基盤(材料物性評価法、材料物性データベース等)などが知的基盤の代表とされる。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知的基盤の関連情報