コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短絡発電機 たんらくはつでんきshort-circuit generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短絡発電機
たんらくはつでんき
short-circuit generator

大型遮断器の遮断容量試験の電源として使用される同期発電機短絡試験時に大電流が流れるようにするため,発電機の内部リアクタンスを小さくし,回転子慣性モーメントを大きくしてある。大きいものとしては,短絡容量 3000MVA (連続定格では 150MVA) のものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android