コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同期発電機 どうきはつでんきsynchronous generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同期発電機
どうきはつでんき
synchronous generator

回転子の回転数で決る周波数の交流を発生する発電機。現在用いられている大容量の同期発電機は,水車発電機タービン発電機である。前者は水車に直結され,200~1000rpmのものが多く,水の落差を有効に利用するため立軸型のものが多い。後者はタービンに直結され,高速度 (1500~3600rpm) で,横軸型である。発生電圧は直流発電機のように回転数を変えることで調節できないので,励磁電圧を変えて行う。ほとんどの交流発電機は同期発電機である。 (→エンジン発電機 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

同期発電機の関連キーワードブラシなし同期発電機電力系統の安定度アンプリダイン永久磁石同期機オルタネータ巻線形同期機電動発電機風力発電機短絡発電機他励発電機速度発電機風力発電揚水発電水力発電励磁機乱調

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android