石井庄左衛門(読み)いしい しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井庄左衛門 いしい-しょうざえもん

?-? 織豊時代の能役者大鼓方。
豊臣秀吉につかえ,秀吉の命で庄左衛門を名のり,聚楽第(じゅらくだい)に出入りした。師の樋口石見守(ひぐち-いわみのかみ)の推薦により皇居でも演奏した。石井流の祖。名は滋長。初名は弥一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android