聚楽(読み)じゅらく

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅらく【聚楽】

※聚楽第行幸記(1588)「鳳輦聚楽の中門にいらせ給ふ時」
[2] 〘名〙
① この世の歓楽が集まる所。大きな都市。特に、帝都をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※家族会議(1935)〈横光利一〉「部屋の壁は褐色の聚洛だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

リフォーム用語集の解説

聚楽

土塗壁を代表する京壁の中でも最高級の左官材料。京都市内で産出される、褐色渋みのある色土で、古くなると独特の味わいのさびが出てくる。本じゅらく水捏ね(みずごね)仕上げなどが有名である。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android