推薦(読み)すいせん

精選版 日本国語大辞典 「推薦」の意味・読み・例文・類語

すい‐せん【推薦】

〘名〙 すぐれた人物として、ある地位につけるようにすすめること。よいと思い、また、適していると考える人物や事物他人にすすめること。推挙推輓(すいばん)
明衡往来(11C中か)下本「某任日雖浅位階上臈也。况左大丞之職推薦異他」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「或経験に富む老爺(おやぢ)は、よく吾台所を治むるの人あらば、大蔵大臣に推薦する、と云ったが」 〔北史‐崔季舒伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「推薦」の意味・読み・例文・類語

すい‐せん【推薦】

[名](スル)
人をその地位・名誉に適している者として他人にすすめること。推挙。「委員長推薦する」「推薦状」
よいものとして人にすすめること。「推薦図書」
[類語]推挙推輓自薦他薦ノミネート勧める薦める勧奨慫慂勧告奨励推奨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「推薦」の読み・字形・画数・意味

【推薦】すいせん

推挙。〔後漢書、朱穆伝〕穆、家に居ること數年。在、相ひ推すること多し。是(ここ)に於て(め)して書に拜す。

字通「推」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android