推薦(読み)スイセン

デジタル大辞泉の解説

すい‐せん【推薦】

[名](スル)
人をその地位・名誉に適している者として他人にすすめること。推挙。「委員長に推薦する」「推薦状」
よいものとして人にすすめること。「推薦図書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいせん【推薦】

( 名 ) スル
人や物を、すぐれていると認めて他人にすすめること。適当なものとして紹介すること。推挙。 「議長に-する」 「参考書を-する」 「 -状」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐せん【推薦】

〘名〙 すぐれた人物として、ある地位につけるようにすすめること。よいと思い、また、適していると考える人物や事物を他人にすすめること。推挙。推輓(すいばん)
※明衡往来(11C中か)下本「某任日雖浅位階上臈也。况左大丞之職推薦異他」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「或経験に富む老爺(おやぢ)は、よく吾台所を治むるの人あらば、大蔵大臣に推薦する、と云ったが」 〔北史‐崔季舒伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

推薦の関連情報