石川水通(読み)いしかわの みみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川水通 いしかわの-みみち

?-? 奈良時代の歌人。
伝未詳。橘(たちばな)をよんだ歌1首が「万葉集」にあり,天平(てんぴょう)19年(747)越中掾(えっちゅうのじょう)大伴池主(おおともの-いけぬし)宅でひらかれた税帳使越中守(かみ)大伴家持(やかもち)の餞別(せんべつ)の宴において,池主によって伝誦(でんしょう)されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android