コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石打ちの羽 イシウチノハネ

デジタル大辞泉の解説

いしうち‐の‐はね【石打ちの羽】

鳥が尾羽を広げたとき、両端に出る1番目(小石打ち)と2番目(大石打ち)の羽。ワシタカのものは、特に矢羽として珍重された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしうちのはね【石打ちの羽】

鳥の尾の両端の羽。飛び立つときに、この羽で石を打つことからいう。特にワシ・タカの羽は堅固で矢羽として珍重された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石打ちの羽の関連キーワード石打ちの征矢

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android