コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石摺絵 いしずりえ

世界大百科事典内の石摺絵の言及

【西村重長】より

…鳥居清信,奥村政信に影響を受けて育ち,18世紀前半,享保から宝暦にかけて美人画,役者絵,浮絵などの一般絵のほか,《絵本江戸土産》(1753)など絵本の分野にも活躍した。細判を3枚横に連ねた形式の〈三幅対もの〉や,墨の地に白抜きの石摺絵(いしずりえ)など新機軸の版画を考案したともいう。門人として石川豊信,鈴木春信の名があげられるが確かではない。…

※「石摺絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石摺絵の関連キーワード高木石童子西村重長

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android