創案(読み)ソウアン

デジタル大辞泉の解説

そう‐あん〔サウ‐〕【創案】

[名](スル)物事を最初に考え出すこと。また、その考え。「当社が創案した方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうあん【創案】

( 名 ) スル
初めて考え出すこと。また、その考え。思いつき。 「新たに-した技法」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐あん サウ‥【創案】

〘名〙 今までだれも考えつかなかったことを最初に考え出すこと。また、その考えや工夫
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉二「もっと自慢なのは、━型が全然彼女の創案(サウアン)になると云ふのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

創案の関連情報